旦那が作った借金。妻の返済義務について

旦那が借金を勝手に作ってしまった?!

旦那が妻である自分に黙って借金を作っていた! ……なんて聞けば『どうして内緒にしていたの!』と腹が立ってしまいますよね。

それと同時に、『返済がしっかり出来るものなのか?』と、不安になってしまうものでしょう。お金の問題ってとても厄介なものですからね。出来ればそんな事が無ければ良いとは思ってしまうものですが、人生何が起きるのか分からないものです。

 

ですが、旦那がもし勝手に借金を作ってしまった場合、奥さんサイドには返済を行う義務があるのか否やこの点って疑問に感じてしまうものですよね?

妻……配偶者という立場なのだから、当然の如く返済義務はある”と、きっと誰もが思ってしまう事には違い無いでしょう。

或いは、今現在進行形で夫がお金を借りた先の賃金会社の担当者さんに言われて、一生懸命に返済をしているなんて方も居るのではないでしょうか?

けれど実は、旦那の借金って妻が返済しなくても良い、そんな義務は無いといった場合もあるのです。どういったケースでは返済義務が生じ、逆にどんなケースでは返済義務が生じないか? この点について事項で掘り下げた解説をしていきましょう!

 

旦那の借金によって返済義務が生じてしまう条件について

まず、返済義務が生じてしまう場合のケースから解説していきましょう。

 

妻が保証人・連帯保証人という場合

妻が旦那の保証人・連帯保証人という場合は、当然の如く”どんな状況下であったとしても”返済をする義務が生じる事を留意しておきましょう。

保証人や連帯保証人という立場は個人として保証する事を約束したという事になります。

なので、例え夫と離婚したとしても、この義務は残ってしまい必ず返済しなくてはなりません。

 

生活費など夫婦双方が関わる理由だった場合

また、借金をした目的が『生活費のタシにする為』だった場合や『子供の養育費の為』という場合は、妻には借金返済の義務が課されます。

旦那の勤務先の会社の経営状態が悪くなり、給与も経て年収も落ち、家族を守る為にやむを得ず借金を背負ってしまったなんて場合だって想定出来るものですよね?

しかし、これで何故妻に借金返済の義務があるのか? と、言えば、生活費の借金は”日常家債務”とも呼ばれ、『夫婦の借金』という括りになるからです。

また『夫婦の借金』は双方平等にマイナスの財産となります。

なので、例えこれが要因となって離婚したとしても、財産分与をしなくてはならないので、妻もこの借金を返済しなくてはいけないという風になってしまうのです。

 

旦那の借金で返済義務が生じない条件

前項で述べた通り、保証人・連帯保証人になっている場合や夫婦の借金では無い場合は個人の借金と見なされ、妻が返済を行う義務はありません。

例えば……パチンコや競馬などのギャンブルが原因で夫が借金を背負ってしまったなんて場合は”個人の問題”となりますね。また、業務の穴埋めなどの為に背負った借金というものも、個人としての妻には関係の無い問題なのでこれも”個人の借金”と見なされ、返済の義務は生じません。

 

また、旦那さんが妻を勝手に保証人として書類提出してしまった! なんて場合だって同様に返済の義務も無いのです。旦那にお金を貸しているキャッシングやカードローンなどの賃金業者は当然のように『返済してください!』と、詰め寄って来るものですが、全く身に覚えもなく承認していないなんて場合は、キッパリとその旨を伝えましょう。

筆跡の鑑定を行えば、偽造なんて易々と曝く事も出来ますからね。当人ではない妻に対して、賃金会社側も強く言ってくるケースは無いので、この点は安心して下さい。

ですが、返済もせず滞納し続けた揚げ句に妻を勝手に保証人に仕立て上げたなんて場合、賃金会社側も警察に被害届を出すなんて場合もあるものです。

そういった場合は、旦那が逮捕される可能性もある事を留意しておかなくてはいけません。

 

ですが、貸した側は当然返済をしてもらいたいものです。それで商売が成り立っているので、当然の事と言えば当然の事ですよね?

だからこそ、あの手この手を使って賃金会社は返済要求を言って来る事だってありえます。

これに悩み、どうしたら良いのか分からないなんて場合は、一人で悩まず弁護士に相談をする事も解決の手立てになるのではないでしょうか?

 

 

実際には法律通りにいかない! なんて事もある

認証もしていないのに、旦那に連帯保証人に仕立て上げられたから返済義務も無い。個人の借金だし自分には関係が無い。法律上自分には返済義務も無い! とは言え……実は、こういった”理屈が通じない事って実際には結構あるもの”だと言う事は覚えておくべきです。特にお金に関する問題と言えば、このように理屈が通らないという事って本当によくある事なのです。

例えば、借金を背負ったまま旦那が亡くなった場合や結婚前に旦那が借金を内緒で背負っていた場合、それから債務整理をして借金を軽くしようと進めているのに、当人である旦那が全く協力的では無いなんて場合だってありうるものですからね。

 

それ以前に、返済するお金が無くてどうしようと踏みとどまり困り果ててしまうなんてケースもあるのではないでしょうか?

お金の問題は、予期せぬイレギュラーなトラブルというものはつきものです。

別項目でこういった詳細については、分かる範囲で噛み砕いた説明をしていきますので、是非参照にしてみてください。

コメントを残す

このページの先頭へ