旦那の借金総額を調べる方法ってあるもの?

男性って借金を隠したがるものなんです!

旦那が内緒で借金を背負っていた……なんて、事って実際にはそこまで珍しい事ではありません。やはり借金自体が後ろめたいものといった認識は誰もが持っているものですし、内緒にしておきたい・話せないような事情で借金を背負うワケですから、そのお金の使い道が良い方向では無いという事は断定出来るものでしょう。

けれど、その隠している借金を奥さん側は知る事が出来るものなのでしょうか?

この結論を早速言ってしまうと、基本的には旦那の協力ナシでは、全てを白状しない限りは、その総額を知る事は出来ません。

この件について、掘り下げて解説をしていきましょう。

 

信用情報機関に情報を請求して知る手段

旦那の借金総額を知る為には信用機関に問い合わせ確認を行う方法が最も賢明です。

信用情報を開示してもらう事で、借金の総額を全貌は見えて来るものです。

以下3つの信用情報機関に問い合わせ確認を行ってみてください。

 

  • JICC 日本信用情報機構(主にキャッシングなど。消費者金融業系の賃金業者信用情報を取り扱っています)

URL http://www.jicc.co.jp/

 

  • 全国銀行個人信用情報センター(銀行や信用金庫などのカードローンなど。金融機関系の信用情報の取り扱いをしています)

URL http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

 

  • 指定信用情報機関のCIC(消費者金融のローン他、クレジット系の信用情報、及びに割賦販売などの信用情報を取り扱っています)

URL http://www.cic.co.jp/

 

ですが、単純に信用情報機関に『総額を教えてください』と妻本人が言ったところで、情報の開示はしてくれません。

やはり借金とは言え、当の本人ではありませんからね。夫婦間とは言え、こういった個人の情報は守られているものなのです。

なので、信用情報機関に問い合わせをして総額を知る為には旦那の申し出無しには出来ないもので、協力もどうしても必要となるのです。

この件においては、夫婦間できちんと話し合いを行い、双方が納得をした上で旦那さんに情報開示の為に問い合わせてももらうようにしましょう。

個人のプライバシーに関わり情報が守られているとなれば、奥さん側はどうする事も出来ませんからね。

それでも、旦那が協力をしてくれないなんて場合は……致し方ありません。

もはや自分の身を守る為にも、この段階ではもう離婚を検討しておく事も大事ではないのか? と、考える事が出来ます。

 

NG! 興信所や探偵に調査依頼しない方が良い

旦那の借金を調査する方法として、興信所や探偵事務所に頼ってみるという手段も思いつくものですよね? ネットで『旦那の借金総額を知る 調査』なんて調べてみれば、こういった場所のリンクが結構まとめサイトなどにも張られているものですが……この手段正直に言ってオススメする事が出来ません。

 

旦那が信用情報機関への情報開示に協力をしてくれないとなれば、例えお金がかかってしまってもこういった場所に頼ってみたくなってしまう気持ちも理解出来るものです。

ですが、妻でさえ情報開示をして貰えないのですよ? この点を今一度よく考えてみてください。そこに頼って旦那の借金総額を本当に知る事が出来る事なのか? この点って不審に感じませんか。

 

勿論こういった事を相談してお断りする、健全な興信所や探偵事務所もあるものですが、全てがそうではありません。

……あちら側だってそれが商売ですからね。ありうる傾向としては、その件を調査せずに”問題ナシ”と全く結論に至らない報告のみか、違法な手段を使って情報を入手するという結果のみとなると考える事は容易いものではないでしょうか?

相当切羽詰まった状況下であれば、奥さん側だって『違法でも何でも良いから、情報が知りたい!』なんて、思ってしまうものですが、この考え方は止めましょう。

これで、自分が犯罪に関与してしまうとなれば目も当てられませんからね。

旦那の非を詮索する為に、自分が犯罪に関与してしまえば、元もこうも無いのではあいでしょうか?

 

基本的には、旦那の協力ナシでは借金総額を知る事も出来ないという事は、第一に留意しておくべきです。まずは、旦那を説得し、冷静に話し合いを行う事が大事ではないでしょうか? これで協力してくれない説得不可能ともなれば、自分の身を守る為にも離婚を検討せざるを得ないです。もはやここまでくれば、夫婦生活だって完全に破綻しているものですからね……。残酷な事をハッキリと言ってしまいますが、踏みとどまる必要も無いでしょう。

それに、個人事情の絡んだもので夫婦の借金で無ければ、奥さん側は旦那の借金を返済しなくてはいけないという義務はありません。

借金を増やし続け、揚げ句に情報開示に協力さえせずになんて旦那といつまでも一緒に居たいとは、もう思えないものですよね? 愛想だって尽きるものには違い無いでしょう。

 

一番は旦那が借金の告白をして、総額を伝えた上でいかに返済をしていくか? という事が話合う事が出来れば良いものですが……お金の問題というとデリケートなものですからね。自分が知る前に、告白してくれれば良いものですが、そうはいかない事もあるものです。ですが、告白してくれたのであれば、最悪な事態にならない為にも、冷静に話し合いを行い、全容を知った上で二人で解決を行っていく事が大切ではないのか? と、考える事が出来ますね。

 

コメントを残す

このページの先頭へ