旦那が闇金融からお金を借りていた場合の対処法について

旦那の借入先が闇金融だった…

自分自身が全く心当たりも無い電話番号から着信があって、それに出てみたところ『夫が借金を背負っていた……その上借入先が闇金融だった。その闇金融からの取り立ての電話だった』と知る奥さんって現実的に居るもので、実際にそこまで珍しい話ではありません。

それから、夜も眠れない程に電話が鳴り響く催促電話が嫌がらせのように毎晩鳴り響き、揚げ句の果てには、夫妻の親族にまで強請りや脅迫を行い『返済をしなければ、家族がどうなってしまっても知らない』なんて卑劣な脅しをされるとはよく聞くものです。

当然これを無視してしまえば、返済をしない報復と言わんばかりに、被害がジワジワと広がっていくものです。親族だけではなく勤め先の職場にも迫ってくるなんていう情報さえもある程です。こんな状況下に陥れば一刻も早く被害を食い止めたいと思うでしょう。

しかし、このような状況下ではどのような対処をすればベストなのでしょうか?

素人が立ち向かっても勝算無し。独自で対応をしない

早速結論を言ってしまいますが、闇金融とは”取り立てのプロ”です。

本題通りに、素人がまともに戦おうと考えても勝算はまずありません。

彼らはあらゆる卑劣な手段を使って、返済の催促を行います。そもそもが『違法な手口や違法な金利設定で営業をしている』という時点で取り立ての仕方だって、当然の如く違法行為を行うという事は簡単に結び付くものでしょう。

それに違法金利とは言え貸したお金には変わりないものなので、借入した顧客が返済してくれなければ、彼らだって生活をする事が出来ないものです。

だからこそ、脅迫まがいの返済の催促を行う……という事は納得が出来る裏付けではないでしょうか。

──この対処としては、闇金融から電話がかかってきたとしても出ないようにするべきです。着信が落ち着く迄は、電話の電源を切るかマナーモードに設定して聞こえない場所に電話はしまっておきましょう。

闇金融との直接交渉は正直に素人では難しいものです。交渉については次項で説明していきましょう。

直接交渉は弁護士に、身の危険を感じた場合は警察に連絡する事

旦那が闇金融からお金を借りた所為で、電話が嫌がらせの如く毎日かかってくるし、家にまでやって来る……なんて場合、不安と恐怖から警察に頼りたくなるものですが実はこれではNGです。

何故警察がダメなのか? と、言えば……実際に暴力を振るわれそうになっている・命の危険さえ感じるという状況下でなければ、警察は闇金融の取り立て電話から現行犯逮捕する事が出来ないのです。つまり『警察は事件になってから動いてくれるもの』でありそうでなければ動かないのです。

なので、身の危険を感じた場合のみ110番通報するようにしましょう。

闇金融自体もコレを分かっているからこそ、実際の暴力を振るおうとはしません。捕まってしまえば、仕事にさえなりませんからね。

だからこそ強請りや脅しを行うとしても口頭のみになり、借入を行った本人に関連する親族の元や職場などあらゆる場所に電話をかけてくるのです。

確かに家にやって来て取り立てを行う……という事は今では殆ど無いものですが、それは100%とは言い切る事が出来ません。もし、そういった場合はすぐに通報しましょう。

実際に殴られたりの暴力は振るわれていないとしても、実被害に遭っている状態とは言えますからね。間違っても闇金融の取り立てを家に入れないようにしてください。

直接交渉をする場合は、独自でせず弁護士に頼るべきです。

弁護士の中にも、実は闇金融を専門にしている方っているものです。こういった方に依頼してしまえば、あっという間に闇金融からの返済催促の電話も突然の訪問も無くなり、何事も無かったかのようにピタリと被害が収まります。

当然闇金融側も違法の金利を取り卑劣な返済請求を行っているという自覚があります。

そこに法律のプロが介入してしまえば、もう手も足も出ません。

違法の部分を突かれれば、自分達が逮捕されてしまう恐れさえもあるので、それ以降取り立てを行わなくなるのです。

それを一般の素人が言ったとしても、ビクともしないものですがやはりプロが言うだけで威厳があるものですからね。

交渉の件に関しては、完全に弁護士に相談に任せる手段が解決の近道になると言えます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ