旦那が債務整理に協力してくれない場合どうすればいい?

カツカツな生活なのに旦那が協力してくれない…

背負った借金を旦那自身が完済する事が出来る範囲であれば全く問題の無い話ですが……家族の生活さえも苦しめているという状況下であれば、放置なんか出来ないものですよね。そんな時に、借金を軽くする為の債務整理を提案してみたものの、旦那は乗り気ではなく、協力姿勢をみせないなんて場合、堪忍袋の緒が切れて激怒すると同時に『どうすれば良いのだろう』と、途方に暮れてしまうものではないでしょうか?

このような状況下から脱する為の、”夫婦で協力して債務整理を行う方法”を紹介していきましょう。

旦那に債務整理を協力してもらう方法について

今ある借金の総額を軽減する債務整理は、借金を背負った張本人……旦那の意志が無い事には話が進める事が出来ません。例え、配偶者である妻の立場であったとしても、債務整理を法律相談事務所に頼む事が出来ないのです。

それに、弁護士に相談を行うとなれば、借金を背負った張本人である旦那との面談が義務となります。

これが任意整理の場合ならば、奥さんが委任状を持って賃金会社と代理交渉をする事も可能ですが、交渉相手が弁護士でも無い限り賃金会社はまともに取り合ってくれないと言う事を留意しておくべきです。

これでは時間のムダになってしまうだけですね。個人再生や自己破産などの手続きは弁護士なしでは出来ません。

債務整理を行うのであれば、旦那をどうにか説得した上で弁護士のところに連れて行く他はありません。口実はどんなものでも良いです。

『とりあえず相談だけでもしてみよう』と提案&説得してみる形が一番良いでしょう。

それでも債務整理を行う気さえも無い……なんて場合は、これ以上旦那が借金を背負わない為にも監視する他はありません。

その間も根気よく債務整理の説得を行っていく事が賢明だと言えますね。

債務整理をしたくない旦那の心理。その心も理解する事も大事

こんなに借金を背負って苦しんでいるのに、それでも旦那が債務整理をしたくないと考えると逆に『何故だろう』と、疑問さえも芽生えるものではないでしょうか?

勿論債務整理をしたくない人にだってそれ相応の思考があるのです。

例えば、債務整理をすれば個人の信用情報に傷がつくものです。だからこそ『ブラックリスト入りする事が嫌だ』と考えるワケです。

こうなってしまえば、クレジットカードは使えなくなってしまいますし、ローンを組む事だってできません。信用情報の事故記録の消える迄と言えば、向こう5~7年程です。

割と長い期間だと言う事も出来ますね。だからこそ債務整理を嫌がるという風に考える事も容易いものではないでしょうか?

それに、『債務整理をした人というレッテルを貼られる事が嫌だ』と、考える方も非常に多いものです。

当然、借金に喘いでいるのであれば当人だって債務整理の事を少なからず調べている筈です。ですが、こういった債務整理のデメリットや自分が社会的に白い目で見られるといった部分を敬遠して自力解決をしよう! と、考える方って男性では結構多いものなのです。男性にとってお金の問題と言えば、やはりデリケートなものには違い無いでしょう。

この心理を知らない事には『どうして協力もしてくれないの!』と配偶者である奥さん側は怒りしか感じないものですが、もはやこれに関しては旦那さんを説得する他無いと言えるでしょう。

こういった場合、『借金をしなくても豊かな生活をしていける』『債務整理はおかしな事でも無い、これから頑張っていこう』と前向きでプラスになる言葉をかけてあげる事も説得では大事だと言えるでしょう。

やはり、話をしない事には債務整理に向きあわせる事は出来ません。

ですが、債務整理もする気もナシ・借金を重ねて家族を苦しめる……となれば、もはや離婚を視野に入れておくべきだと言えます。

個人の私欲の為の借金であれば妻には返済義務さえもありませんが、毎月返済をしている癖にまた新たに借金を作るなんて事があれば……結婚生活を継続していく事は難しいものではないでしょうか?

それでも離婚せずに、債務整理に向きあって欲しいとなれば、夫婦の為にも根気よく話をする他はありません。粘り強く説得を続けていきましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ